エアライン フライト

シンガポール航空 関西→シンガポール SQ623 エコノミークラス 搭乗レビュー 2019年5月

エアライン
スポンサーリンク

2019年5月に 関西=シンガポール SQ623便 ボーイング787-10のエコノミークラスに搭乗しましたのでレビューします。

ANAマイルで発券したビジネスクラス特典航空券ですが、あいにくこの区間だけビジネスクラスが確保できずエコノミークラスでの搭乗となりました。

2019年ゴールデンウィーク搭乗記

チェックイン

2月に続いての関西空港 第1ターミナル Hカウンターより始まります。
チェックイン開始は出発2時間半前の21時40分頃ですが、カウンター付近の自動チェックイン機を使えばチェックインは可能です。(荷物はカウンターオープンまで預けられませんが、、、)
そんな私も、19時頃には自動チェックイン機でボーディングパス発行し、プライオリティパスを使ってぼでぢゅうを満喫しました。

尚、私は自動チェックイン機でボーディングパス受取済み、更に預ける荷物もありませんでしたので、そのまま出国可能ではありましたが、シンガポール航空が関西空港で指定しているラウンジがJALさくらラウンジになりますので、ラウンジインビテーションをカウンターで発行してもらってから出国しました。

シンガポール航空 関西→シンガポール SQ623

ラウンジ

先に搭乗ゲートとは反対方向の北ウィングにあるANAラウンジへ立ち寄った後、南ウィングへ移動しましてさくらラウンジに入室します。

入室した22時前の時間帯は、今回搭乗するシンガポール航空の他にもJALのホノルル行き、バンコク行きに加え、エミレーツ航空の指定ラウンジにもなっており、ゴールデンウィーク真っ只中ということもありラウンジ内は大混雑しておりました。

ANAラウンジと比べればフードは充実してますね。比較的補充もすぐされてましたので、品切れで食べるものが無いということは無さそうです。

以前に成田のさくらラウンジでも見かけた光景ですが、完全に日本人に合わせたラインナップのためか宗教上の理由か食べられるものが無い様子の方を見かけました。スペースの都合だったりもろもろの事情で難しいことは容易に想像できますが、国籍、宗教を問わず誰しもが快適に過ごせる空間になればと切に願います。

エミレーツの出発案内が入って半分くらいでしょうか、一気に人がいなくなりましたのでダイニングスペースに陣取りKIXさくらカレーをいただきます!!

搭乗~機内

恐らく満席だったと思いますが、ゲート前のこの一角だけは人で溢れかえっておりました。
パッと見ですが日本人の方が多かった感じでした。

シンガポール航空 関西→シンガポール SQ623

シンガポール航空のボーイング787-10のエコノミークラスは3-3-3の配列。
シートはRECAROのCL3710シリーズのようです。

CL3710 - RECARO Aircraft Seating
シンガポール航空 関西→シンガポール SQ623 B787 エコノミークラス
シンガポール航空 関西→シンガポール SQ623 B787 エコノミークラス
シンガポール航空 関西→シンガポール SQ623 B787 エコノミークラス
シンガポール航空 関西→シンガポール SQ623 B787 エコノミークラス

機内食

離陸後すぐに爆睡体制に入っておりましたので機内サービスがあったのか不明ですが、到着1時間30分前に機内食が提供されました。現地時間で考えると朝食の時間にしてはかなり早いのですが、軽めの食事でしたので難なく完食。

シンガポール航空 関西→シンガポール SQ623 エコノミークラス 機内食
シンガポール航空 関西→シンガポール SQ623 エコノミークラス 機内食
シンガポール航空 関西→シンガポール SQ623 エコノミークラス 機内食

深夜便でしたので映画も見ずにほとんど寝てただけのフライトでしたが、エコノミークラスのシートはやはり横幅が狭い(特にJALと比べると)と感じたものの、前後方向のシートピッチは十分で今回通路側ということもあり思っていたよりは快適に過ごすことができました。

今度はビジネスクラスに搭乗してみたいですが、いくら探してもボーイング787-10運航便のビジネスクラスは特典では空きが出ておらず、どうも取れないような感じがしております、、、海外発券も含めて有償で乗れるチャンスがあればと思います。

タイトルとURLをコピーしました