ホテル

関西空港 リフレッシュスクエア レビュー【深夜早朝便におすすめ!】

ホテル
スポンサーリンク

関西空港で出発が早朝で野宿したい時や乗継の合間に少し仮眠したい時に最適なリフレッシュスクエアをご紹介します。

リフレッシュスクエアは有料施設ではありますが、ネットカフェのフラット席のようなブースもありますし、室内の照明も薄暗くとても静かなので思いの外ぐっすり眠ることができました。

スポンサーリンク

関西空港 リフレッシュスクエア

リフレッシュスクエアの場所

リフレッシュスクエアの場所は、関西空港のエアロプラザ2階にあります。
割とわかりやすいところにあるので、すぐに見つけられると思います。

リフレッシュ施設 | 関西国際空港
REFRESH SQUARE 閉店のお知らせ 平素よりREFRESH SQUAREをご利用頂き、ありがとうございます。誠に勝手ながら2020年3月31日(火)22時を持ちまして、当店は閉店させて頂く事となりました。ご不便をおかけいたしますが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。 ※ 第1ターミナルビル3階に7月...
関西空港 リフレッシュスクエア

リフレッシュスクエアの利用料金

利用料金は4時間までは260円/30分、4時間超になると150円/30分になります。利用時間中の外出は自由ですので、例えば前日夜に来て朝まで過ごすような場合は、先にリフレッシュスクエアの受付を済ませて場所を確保し、ターミナル内に夕食を食べに行くなどの使い方も可能です。

また、KIX-ITMカードを提示すると利用料金が半額になります。利用料金の精算は退室時になりますので、精算の時までにカード作成して提示しても割引適用になります。長時間利用するとそれなりの金額になりますので、半額は結構大きいと思います。

利用時間一般(割引なし)KIX-ITMカード割引適用
30分260円130円
60分(1時間)520円260円
120分(2時間)1,040円520円
180分(3時間)1,560円780円
240分(4時間)2,080円1,040円
300分(5時間)2,380円1,190円
360分(6時間)2,680円1,340円
420分(7時間)2,980円1,490円
480分(8時間)3,280円1,640円

リフレッシュスクエアの室内

室内は大きく分けて個人ブースとグループルームの2つがあります。個人ブースは更にフラット席(6室)とリクライニング席(7室)の2種類があり、どちらも料金は同じになります。

私は早朝着のフライトでデイユースをする為に利用しましたので、フラット席もリクライニング席もどちらも選べる状況でしたが、夜から朝まで利用するときは激戦になると思いますので、フラット席が確保出来たらラッキーかもしれません。

またグループルーム(2室)は完全個室になっており2名以上で利用が可能ですので、友人同士とかであればグループルームを選んでも良いと思います。

関西空港 リフレッシュスクエア
リクライニング席
関西空港 リフレッシュスクエア
フラット席

フラット席なら完全に横になって寝れますが、枕や毛布などありませんので、その辺は各自で用意して持ち込むと快適に過ごせると思います。

グループルームを除いては、オープンになっていますので貴重品は室内にある貴重品ロッカーへ預けることをおすすめします。

関西空港 リフレッシュスクエア

室内にはトイレがありませんので、エアロプラザ内のトイレを使用することになります。

また、シャワーもありませんが、シャワールームが同じエアロプラザ2階にあり、15分500円で利用できます。

備え付けのタオルが無いので、各自で用意する必要がありますので、もしシャワーを浴びるつもりならタオルを持参で行った方が良いと思います。

尚、ネットカフェのようにソフトドリンク類がフリーで提供されています。

関西空港 リフレッシュスクエア

ホテルは高くて泊まれないし、でもベンチで朝まで過ごすのはちょっとという時にぴったりな、リフレッシュスクエアのご紹介でした。

タイトルとURLをコピーしました