エアライン フライト

【搭乗記】スターフライヤー SFJ22 関西→羽田 2019年2月

エアライン
スポンサーリンク

2019年2月にスターフライヤーの関西→羽田へ搭乗しましたのでレビューします。
ANAマイルで発券したスターアライアンス特典の5区間目となり、シンガポール→関西で到着後の乗継便としてANA便名で搭乗します。

ラウンジ巡り

まずはプライオリティパスで使えるラウンジを巡ります。
一カ所目からラウンジでは無いのですが(笑)、第1ターミナルの2階にある「ぼてぢゅう」へ行きます。

入口にはこんな案内が掲示されていました。恐らくいろいろトラブルも多いのかと何だかお察し。。。

牛ハラミ焼肉重セットをオーダーしました。
せっかくなら飲食代の上限いっぱい目指して焼きそばも食べたかったのですが、機内食も完食してそんなに量は食べられないですし残すのも申し訳ないと思ったのですが、、、思いのほか量が少ないっすね。これで1,280円ですからプライオリティパスじゃなかったら頼まないかも。

量も少なく速攻で食べ終わりましたので、次のラウンジへ移動します。
お待ちかねのみんな大好き辛ラーメンラウンジことKALラウンジへ(笑)
以前使おうと思った時もそうだったのですが、KE便の出発に重なったりしてタイミングが悪いとプライオリティパス利用者は入室不可となるのですが、今回は問題なく入れました。
成田のKALラウンジもですがKALラウンジなのに辛ラーメン置いてないんですよね、、、やはり韓国のナショナルフラッグキャリアなのですから、辛ラーメンは是非とも置いていただきたい!(笑)
参考までに食べ物系はカップヌードルミニ、どん兵衛ミニ、おにぎり、パンがありましたので、小腹を満たすにはちょうど良い感じの品揃えでございます。

辛ラーメンを置いていないKALラウンジを後にして、保安検査を抜けてすぐ脇にあるANAラウンジへ。
今回はSFJに乗りますがANA便名で発券してますので問題なく入室できます。

ちなみにボーディングはシンガポールで発行してもらった国際線仕様のもので、これで保安検査、ラウンジのバーコードリーダーが反応するか不安だったのですが何事もなく普通に行けました。

搭乗~機内

本日の搭乗機です。晴天に黒い機体というのがとてもカッコいいです!

スターフライヤーは座席の前後ピッチが広くて座ってみると膝周りの余裕があり明らかに他社の普通席より広いことが実感できます。参考までにJALのクラスJが約98cmですから、それより6cm狭いだけですね。そりゃ足元の余裕が違うわけですね。

疲労で少し体調が良くなかったのでフライト中はずっと寝ていました。機内サービスも楽しみにしていただけに残念ですが、また乗る機会もあると思いますのでその時に楽しみたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました