エアライン ラウンジ

釜山 金海空港で使えるプライオリティパス ラウンジ

エアライン
スポンサーリンク

プライオリティパスを使って釜山 金海空港の2ヶ所のラウンジを利用しましたのでレビューします。

プライオリティパスで使えるラウンジ

2019年2月現在、釜山 金海空港でプライオリティパスを使って使えるラウンジは、国際線ターミナルにある「KAL Lounge」と「Sky Hub Lounge」の2ヶ所になります。両方とも出国後のエリアになるので、国内線を利用する時には使うことができません。

KAL Lounge

1カ所目は大韓航空のKAL Loungeです。
釜山でプライオリティパスを使える唯一の航空会社ラウンジになります。

KAL Loungeのエントランス。成田空港のKAL Loungeと同じような雰囲気の門構えですね。大韓航空以外の契約航空会社の指定ラウンジにも指定されており、JALもこちらが指定になっています。入室対象者が多いラウンジですので、私が入室したタイミング(15時過ぎ)は大丈夫でしたが、混雑時はプライオリティパスでの利用が断られるかもしれません。

ラウンジの場所は出国審査場のちょうど真上くらいに位置しております。出国審査場を背にして左側に少し進むとエスカレーターがあるので、3階へ上がって右側すぐにあります。

ラウンジはそれほど広くなく、出発便が重なる時間帯だと座れないかもしれません。

食事系はサンドウィッチとクッキーなどの小腹を満たす程度のものしかありません。
この辺りは安定のKAL Loungeクオリティ。

またの名を辛ラーメンラウンジと呼ばれる所以がこちら(笑)
これが唯一のホットミールです。よくわかりませんが日本の方がどん兵衛を食べる感覚で、韓国の方はきっと辛ラーメンを召し上がるのでしょう。結構みなさん手に取られて食べてましたね。

私も適当に見繕っておやつタイム!
ここには電源も無いのでこれだけ食べてラウンジを後にします。

Sky Hub Lounge

最後、2カ所目はSky Hub Loungeになります。
出国審査場を背にして左へひたすら歩き9番ゲートの隣にあります。

このラウンジは金海空港のラウンジでは唯一窓がありますので、中は狭いのですが開放的な感じがありました。
プライオリティパスまたはダイナースカードがあれば無料で使えますし、持ってなくても有料ではいることができますが、ここを有料で使う人はほとんどいないと思います、、、シャワーとかあればお金を払っても使いたいという方もいるかもですが、食事がメインでしたら他のレストランやフードコートを使った方が良いと思います。

スカイハブラウンジの特徴といえばとにかく食事が充実しているところですね。
ホットミールが8種類、温かいスープが2種類あり普通に食事が取れます。
韓国っぽい食べ物としては、トッポギ、プルコギ、ワカメスープがありました。

釜山 金海空港のラウンジは充実している感じではなく、ラウンジを目的としていくとガッカリすると思いますので、過度な期待は持たずに行くと良いかと思います(笑)

タイトルとURLをコピーしました