ホテル

虎ノ門、内幸町にも近い!the b 新橋 スーペリア ツインルーム 宿泊記

the b shinbashi ホテル
スポンサーリンク

もっと楽しもう!TokyoTokyoを利用して、the b 新橋に別日程で1泊ずつ合わせて2泊宿泊してきました。

the b 新橋は、2017年9月に「ザ・ビー 東京 新橋」としてオープンし、いちご(株)の子会社が所有する土地建物をイシンホテルズ・グループが賃借し運営という形態となっています。(いちごホテルリート投資法人のポートフォリオに含まれていないので、現在も継続しているか不明)

新橋の歓楽街からは少し離れたオフィス街に立地しているので、ホテル周辺は静かで落ち着いた雰囲気。新橋駅から近すぎず遠すぎずで絶妙な場所だと思います。新橋~内幸町~虎ノ門の間でホテルを探しているのであれば、the b 新橋はオススメです!

スポンサーリンク

the b 新橋

アクセス

the b 新橋のアクセスは、ホテル名に新橋と付いてますが、新橋と虎ノ門の中間に立地しているので、実際の最寄り駅は都営三田線の内幸町駅になります。内幸町駅A3出口を出て徒歩4分。また、新橋駅 烏森口からは徒歩6分、虎ノ門ヒルズ駅 B4出口からは徒歩5分と、利便性はまずまずではないでしょうか。

the b shinbashi

共用スペース

the b 新橋は14階建てで、1階にフロント、朝食スペース、喫煙所があり、2階から14階が客室という造りになっています。

the b 全施設共通で、フロントそばにあるコーヒーサーバーが24時間使い放題なのはありがたいですね。

the b shinbashi

スーペリア ツインルーム 1306号室の客室

the b 新橋の客室は全109室で、内訳は14平米のスタンダード ダブルルームが80室、16平米のスーペリア ダブルルームが11室、20平米のスタンダード ツインルームが13室、26平米のスーペリア ツインルームが4室、26平米のユニバーサル ツインルームが1室となっています。

今回は4室しか無い、スーペリア ツインルームに宿泊しました。1回目、2回目の宿泊ともに同じ部屋で、13階1306号室のスーペリア ツインルームにアサインされましたが、1回目は窓際のソファが破損したとわざわざ事前連絡があり、初めからエキストラベッドが入り3名利用ができる状態でセットされてました。2回目はソファーが配置された通常の状態での宿泊となりました。

さすがにエキストラベッドが入ると手狭な感じは否めませんが、2名利用であればスーツケースを広げるくらいの余裕もあり必要十分な広さだと思います。オープンから約3年ですから、清潔感があり非常に綺麗なお部屋です。

the b 新橋
the b 新橋 スーペリアツインルーム
3名利用時のエキストラベッドが入った状態
the b 新橋 スーペリアツインルーム
2名利用の通常の状態。

ちなみに客室ドアを開けると、いきなり目の前にベッドがある変わった配置になってますので、あまり開放的な格好でいると廊下側から丸見えですのでご注意ください(笑)

the b 新橋 スーペリアツインルーム

ベッドはセミダブルサイズが2台。ベッドの間にナイトテーブルが無く、2台をくっつけてハリウッドツインのような使い方ができるので、お子さんと添い寝する時には安心ですね。

ベッドボードには目覚まし時計、照明のスイッチ類、読書灯、AC電源が一口。

the b 新橋 スーペリアツインルーム

客室ドアの脇、廊下に沿った位置に洋服掛け、姿見など。姿見でセットしてるときにドア開けられたらめちゃ気まずい(笑)

部屋の奥から手前側を見るとこのような感じ。

the b 新橋 スーペリアツインルーム

デスク周り。機能的に全て配置されています。1つ気になったのが、PC広げて作業する時に足を入れるスペースが右端の狭いスペースしか無く、姿勢よく作業をしようとするとどうしても壁際で作業することになるので、デスクの広さの割に実際の作業スペースは狭くて窮屈な感じになるのが気になりました。

デスクの電源はユニバーサルタイプ1口、AC電源1口、USB電源1口なのでまあ不足は無いかなと。

冷蔵庫は東芝製(型名:GR-HB30GA)、電子ケトルは象印マホービン製(型名:CH-CE10)、ドライヤーはパナソニック製(型名:EH-NE18)。

the b 新橋 スーペリアツインルーム
the b 新橋 スーペリアツインルーム

テレビは壁掛けでパナソニック製の32型(型名:TH-32D305)が設置されてました。

the b 新橋 スーペリアツインルーム

空気清浄機は備え付けられていませんが、天井に埋め込みでパナソニック製のナノイー発生機(型名:FY165)が設置されてました。

the b 新橋 スーペリアツインルーム

エアコンは個別空調なので、個別に冷房、暖房の切り替えができます。これはポイント高いですね。

the b 新橋 スーペリアツインルーム

バスルーム

the b 新橋のスーペリア ツインルームのバスルームは、バスタブが無くてシャワーブースのみでした。ただ、バスタブが無いから洗面周りが少し広く感じます。トイレと洗面周りはINAX製、シャワーブースはTOTO製(型名:JSV0812)にエアインシャワーバーを設置した仕様。

the b 新橋 スーペリアツインルーム
the b 新橋 スーペリアツインルーム

アメニティ

the b 新橋のバスアメニティはthe bオリジナルでメーカー不明。使用感や香りは悪くはないです。

他には歯ブラシ、ヘアブラシ、カミソリが客室にセットされてました。

the b 新橋 スーペリアツインルーム

新橋駅を起点に日比谷、有楽町、銀座方面はビジネスホテルも多数ありますが、内幸町、虎ノ門方面は意外とビジネスホテルが少ないイメージがあり、この周辺では結構貴重なホテルだと思います。周辺はオフィス街なのでビジネスユースは勿論ですが、レジャーユースでも駅にも近くて便利だと思います。

また、2021年2月に銀座8丁目に the b 銀座がオープン予定となっており、新橋駅からだと新たにできる the b 銀座の方が近くなりますね。

終わり

タイトルとURLをコピーしました